ダイエット、食べて痩せるは本当か?

 

 

 

 

 

 

 

 

様々なダイエット法が喧伝されている昨今、

情報が溢れすぎていて、どれが自分に合うのか、

分からずに、色んな方法を試してみては、

失敗の繰り返しをしている人、も少なくない。

 

 

 

どのような方法を採ってみても、基本的に、

食べ過ぎていては、痩せるはずはない、

 

 

 

ということは、誰でも気付きそうなものだが、

効果があると言われた、食材を意味もなく、

大量に食べている人は、予想より多いものだ。

 

 

 

バランスよく食べるのが、食生活の基本だが、

食べる順番で、吸収が異なることも、よく指摘されている。

 

 

 

どのような方法でも、正しく理解して実施しないと、

効果はないのだから、まずは、自分に合ったやり方を、

見付けるところから始めてみよう。

 

 

 

よく言われる、糖の吸収を穏やかにする食べ方だが、

「野菜 → 汁物 → おかず → 炭水化物」 の順が、最も正しい。

 

 

 

これは、ラーメンを食べる時も同様で、

メンマやワカメを食べてから、スープを飲み、

チャーシュー、麺といくことが大切だ。

 

 

 

くれぐれも、麺から食べてはいけない。

重要なのは、何を最初に胃に入れるかだと、心得よう。

 

 

 

また、魚と肉は、食べたい方を選べば、

いいというのは、意外と知られていない。

 

 

 

魚の方がヘルシーと思いがちだが、

どちらも、身体にいい栄養素を含んでいる。

 

 

 

食事を無理してすることは、ストレスにも繋がり、

身体にいい影響を与えない。

 

 

 

その時、食べたいものが、身体に必要と、

考えればいいのである。

 

 

 

特に、魚は肉と違い、旬の時期があるので、

それをよく選んで、食べるようにしよう。

 

 

 

ストレスのない食べ方をすることも、

痩せる体質を作る、条件である。

 

 

 

そう考えると、何事もほどほどに、

その時食べたいものを食べ過ぎずに、

順番をよく考えて、摂取する。

 

 

 

これが、一番健康的な食事であり、

ダイエットへの近道なのだと、言える。

 

 

 

 

 

更新履歴